2007年01月05日

本:フューチャー・イズ・ワイルド完全図解

フューチャー・イズ・ワイルド完全図解.jpg

「完全図解」とタイトルにあるように、美しく、かつ、
インパクトのあるイラストと、わかりやすい文章で編集
されています。日本版は、小学校高学年ぐらいから理解
できるよう「ルビ」までふってありますので、ご家族で
楽しんでいただけると思います。DVDや本を既にお持ちの
方にも安心しておすすめできます。

も少し、大人のイメージで、と思われる方には、現地の
オリジナル版を強くおすすめします。表紙デザインから、
大人が納得できるセンスを感じますし、固有名詞以外は、
さして難しくはない英文ですので、洋書版コーナーの
「The Wild World of the Future (Animal Planet) 」も
視野に入れられてはいかがでしょうか?

未来の生きものたちを大胆かつ緻密に描写した、
ベストセラー『フューチャー・イズ・ワイルド』のビジュアル版。

500万年後、1億年後、2億年後の未来に息づく生きものたちは、
現代の生きものからどう進化していったのか?
豊富な図と写真、リアルなCGで描かれる未来生物の様子が
フルカラーで描かれます。

空を飛ぶ魚「オーシャンフリッシュ」、陸地を歩く巨大イカ「メガスクイド」などなど、
36体を詳しく紹介。キャラクターブック的な側面もあり、大人から子どもまで楽しめる内容です。

「フューチャー」にハマッた人にはもちろん、子どもへのプレゼントにもいいかも。

この本、何がいいって、やっぱりキャラ1体1体
に引き出し線がついていて、
クローズアップして見られるのがいい。
もちろん、フューチャー・イズ・ワイルドの
もとの本からすると子ども向けかもしれませんが、
字が多いのはちょっと、っていう大人でも楽しめると思います。

これを読んで、物足りない人は、
大人向けのほうを読むのもいいかも。
それで、子どもに、これはね、なんて解説したりして。

とにかく楽しい本になってます。

科学的なデータから想像された生き物たちだと言われても、確かに本当かよって考えちゃいますよね。それだけ驚きの生物がいっぱいですから。でも、ビジュアル版なので眺めているだけでワクワクしてきます。夢があります。しかも進化論やプレートテクトニクス、食物連鎖といったことまで分かるので、子供達にもぜひ読んでもらいたいです。きっと科学離れに歯止めがかかるかも。我が家の息子も「凄いね!」と喜んで眺めています。 
目次

500万年後の世界(北ヨーロッパ氷原
地中海盆地
アマゾン草原 ほか)
1億年後の世界(大浅海
ベンガル沼地
南極森林 ほか)
2億年後の世界(中央砂漠
地球海
レインシャドー砂漠 ほか)

★フューチャー・イズ・ワイルド完全図はこちら★


こちらにもためになるブログがたくさんあります。人気blogランキングへ



posted by toy at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

フューチャー・イズ・ワイルド
Excerpt: フューチャー・イズ・ワイルド (単行本) 前々から気にはなっていた本の紹介です。 単行本: 285ページ 出版社: ダイヤモンド社 (2004/1/8) 写真は書物に実際に掲載されている画..
Weblog: FREQUENCE.
Tracked: 2006-07-31 11:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。