2007年01月08日

本:ハチミツとクローバー 9

ハチミツとクローバー 9★ハチミツとクローバー 9はこちら★

話が急・開してきて先が予測できません。
早く続きを知りたいっ!!
森田族の事情、はぐちゃんの未来、とにかく涙が止まりませんでした。
これまでよりもシビアな感じで自分的に難しかったけど面白かったです。

この巻はシリアスな・開が多いです。というか全部そうなんですが。
面白いかどうかと言うよりは、森田兄弟の一つの話がまとまった事が
良かったと思います。
少しインパクトが弱い気もしましたが、なかなか上手くまとめたのでは
ないでしょうか。
これから本格的に終わりへ向かうようですが、ここからは竹本と森田の
考えの違いが大事になってくるのかも。

個人的には真山のストーリーが好きなので、今回少なかったのが残・。
真山の話は前のでほぼ完結したことになっているだろうから、多分これから
は少なくなっていくんでしょうね。

最近気になっていた森田さんのなぞが解明。もっと怪しい・開をよんでいたんですが、結構ページ数もかけたいいお話でした。

あゆの続きをとっても期待していたのに、ほとんどなくってとっても残・でした。

そのかわり、なんだ〜!!この急・開は〜!!とホントビックリです。
ええー!!って感じ。やさしく、ほんわかに幸せだったハチクロにこんな・開が!!

また、竹本君の精神的成長がここに来て徐々ににじみ出てきました。ますます目が離せません!!

今までのほどよいユルさとは一変、いい意味で重い巻だ。
 シノブの稼いだお金の行方、その疑問が一気に溢れ出している。
 そして兄、カオルの心情。
 族族の一つのあり方、絆を堪能させられる。

 いつも感じていたが、コマの枠に綴られている詩が今回はさらに効果的に効いている。
 なぜか子供のころ『ああ、こんなことあったなあ』と自分がそうなっていると錯覚させられ、しばし呆然となった。
 正にハチクロをハチクロたらしめん巻だろう。

 この巻読まずしてはハチクロは語れない、映画封切り前に是非一読といわず何度でも読み返していただきたい。
 
 人の苦しみを知らない人がどうなるか、こういう話を読みたかったんだなあというところをものすごく突かれた。

こちらにもためになるブログがたくさんあります。人気blogランキングへ
★ハチミツとクローバー 9はこちら★


posted by toy at 12:00| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。