2007年01月07日

本:博士の異常な健康 (単行本)

博士の異常な健康.jpg★博士の異常な健康(単行本)はこちら★

ある程度の年齢の大人になると、本を読み、影響され、ついつい行動に移してしまうなんてことは殆どしなくなる。けど、この現役芸能人・水道橋博士による「実体験健康本」は、ページを繰るごとに、「うわあ、やってみたい! 試してみたい!」と思わず重い腰を浮かせてしまうのだ。続きを読みたくして仕方なくなりつつも、本に書かれた情報をネットで調べたくなったりもする。(実際に私はそれを同時進行しました)
 「薄毛克服」「視力矯正」「アンチエイジング」「重度の肩凝り解消」「加圧式トレーニング」・・・・これらすべてを実体験し、結果を出した上で書き上げた著者の行動力・行動量・人体力・経験力にはまさに脱帽です。そして、本当に物凄い情報量が詰まった本ですが、でもそれにもまして、最終章にて、芸能人である自分が未だ世間に認知されざる健康法を喧伝することの是非やマイナス面についても真正面から語る(ある種、現在のテレビ業界タブーに挑戦状を叩きつけている風に読める一文すらある!)に至っては、正直、感動してしまいました。「異常な健康」を追求する水道橋博士は、物書きとして、芸人として、なんと「健全」であることか・・・。

お笑い系の方が書いた本ですのでキワモノかと思ったのですが、内容はどれも自らがマジメに取り組んだ上で紹介しているものばかりでした。
紹介されているものの中では、特に最終章の加圧トレーニングに興味を惹かれました。講談社から出ていた加圧トレーニング創始者の本が入手不能なので、現時点では本書が加圧トレーニングに関して、入手可能で詳細に記された唯一の本のようです。
紹介されているものは、いずれも「先進的」である為、世間の認知を得るには、まだ若干の時間がかかるような気がします。タイトルはともかく、内容はなかなか優れものの力作だと思います。

健康に関するサプリメントや器具等が出回っていますが、どれが本物なのかと迷ったら読むといいかもしれません。例えば胎盤エキスを検索しただけでも、本当にいろいろな商品がヒットし、どれが本当にいいのか迷ってしまいます。実際どうなんだろうと思うことを人柱として水道橋氏が実践した内容なので信憑性があります。ちょうど風邪をひいていて、外苑前という場所も近かったので、本書で書かれていたこうじんクリニックに私も行き胎盤エキスの点滴を打ってきました。40分の点滴だけで、だるさがぶっ飛びました。その日の内に、ほとんど風邪は完治し、夜はビール500缶を3本開けてしまうほど回復してしまいました。翌日は、肌に劇的な変化をもたらしました。男なのであまり気にならないことなんですが、気になるくらい確実に顔の肌がしっとりしていました。私も体験して、たまたま胎盤エキスだけが効果があったのかもしれませんが、他のものも試してみたくなります。ただ、本書に書かれている健康法は結構費用がかかるものだと思います。お金で健康が買えるならそれ以上のものはないと考える人には、本物を見つけられる良い指南書になる

こちらにもためになるブログがたくさんあります。人気blogランキングへ

★博士の異常な健康(単行本)はこちら★


ラベル: 健康
posted by toy at 12:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。